HOME重賞レース紹介

重賞レース紹介


フェブラリーステークス

東京競馬場ダート1600mで施行する中央競馬重賞(GI)競走である。 競走の名のフェブラリーは英語の2月の意味「February」から。Februaryは2月という意味から2月中に競走の施行日が設定されることが多いが、 曜日配列の都合で1月末に施行されたこともある。

高松宮記念

中京競馬場芝1200mで施行する中央競馬重賞(GI)競走である。 1997年までの競走名は高松宮杯で、この年まで皇族の高松宮家から優勝杯を賜与されていた。 一部の競馬ファンや解説者からは「宮記念」や旧称の高松宮杯から「宮杯」と通称されている。

桜花賞

阪神競馬場芝1600mで施行する中央競馬重賞(GI)競走である。

中山グランドジャンプ

中山競馬場の障害・芝4250mで施行する中央競馬障害の重賞(J・GI)競走である。 農林水産省が賞を提供されているため正式名称は農林水産省賞典中山グランドジャンプと表記される。 2000年から2010年までは国際招待競走であったが2011年より通常の国際競走へ変更され、JRAによる招待および費用の負担は廃止された。

皐月賞

中山競馬場芝2000mで施行する中央競馬重賞(GI)競走である。競走名は陰暦の5月である皐月から。 「皐」の字が常用漢字外であるため一般紙[1]、競馬中継以外のテレビ番組などではさつき賞と表記されることもある。 通常開催が中山競馬場となるGIでは2013年度現在唯一、フルゲート18頭出走可能な競走である。

天皇賞(春)

年2回(春・秋)開催する中央競馬重賞(GI)競走である。 本稿では春に京都競馬場(創設時は鳴尾競馬場)で開催される本競走を天皇賞(春)、 秋に東京競馬場に開催される本競走を天皇賞(秋)とし、天皇賞(春)を「春の競走」、天皇賞(秋)を「秋の競走」と表現する。

NHKマイルカップ

東京競馬場芝1600mで施行する中央競馬重賞(GI)競走である。優勝杯を提供するNHKから冠名が付けられている。

ヴィクトリアマイル

東京競馬場芝1600mで施行する中央競馬重賞(GI)競走である。競走名のヴィクトリア(Victoria)とはローマ神話に登場する勝利の女神のことである。

オークスステークス

イギリスのエプソム競馬場で例年6月の第1金曜日に行われる競馬のクラシック競走。3歳牝馬限定戦。 距離12ハロン10ヤード(約2,423メートル)。日本では優駿牝馬オークスと通称されており、混同を避けるため英オークスイギリスオークスエプソムオークスなどと呼ばれることも多い。2011年の1着賞金は184,502ポンド、総賞金は325,000ポンド。

日本ダービー 東京優駿(とうきょうゆうしゅん)

東京競馬場芝2400mで施行する競馬重賞競走である。 一般的にはレース名の副称である日本ダービーの名で広く知られており、 現在の日本の競馬においてその代名詞とも言える競走である。「競馬の祭典」という呼称もマスコミが広く用いている。

安田記念

東京競馬場芝1600mで施行する中央競馬の重賞(GI)競走である。 農林水産大臣賞が正賞となっているため、正式名称は農林水産省賞典安田記念と表記される。 競走名は日本中央競馬会初代理事長安田伊左衛門の功績を称えることから付けられている。

宝塚記念

阪神競馬場芝2200mで施行する中央競馬重賞(GI)競走である。競走名は阪神競馬場がある宝塚市から取られている。

スプリンターズステークス

中山競馬場芝1200mで施行する中央競馬重賞 (GI) 競走である。 メディアなどでは「電撃の6ハロン戦」という通称が用いられる。

秋華賞

京都競馬場芝内回り2000mで施行する中央競馬重賞(GI)競走である。

菊花賞

京都競馬場芝3000mで施行する中央競馬重賞(GI)競走である。

天皇賞(秋)

年2回(春・秋)開催する中央競馬重賞(GI)競走である。 本稿では春に京都競馬場(創設時は鳴尾競馬場)で開催される本競走を天皇賞(春)、秋に東京競馬場に開催される本競走を天皇賞(秋)とし、天皇賞(春)を「春の競走」、天皇賞(秋)を「秋の競走」と表現する。

エリザベス女王杯

京都競馬場芝・外回り2200mで施行する中央競馬重賞(GI)競走である。略称は「女王杯」「エリ女」など。

マイルチャンピオンシップ

京都競馬場芝1600mで施行する中央競馬重賞(GI)競走である。秋のマイラーチャンピオン決定戦として位置づけられているレースである。 タイトルにある「マイル」とは1マイルのことで本来1マイルは1609メートルであるが日本の競馬では概ね10メートル以下の端数数値を切り捨てて計算するため、このレースも1600メートルでの開催となっている。

ジャパンカップ

東京競馬場芝2400mで施行する中央競馬重賞(GI)競走(国際招待指定)である。 また本競走は国際招待競走であるため、日本ダービー同様に副賞が「トヨタ賞」としてトヨタの高級車が提供される。

チャンピオンズカップ

「中京競馬場のダート1800mで施行する中央競馬の重賞(GI)競走(国際招待指定)である。」

阪神ジュベナイルフィリーズ

阪神競馬場芝1600mで施行する中央競馬重賞 (GI) 競走である。農林水産大臣賞が提供されているため、正式名称は農林水産省賞典阪神ジュベナイルフィリーズと表記される。

朝日杯フューチュリティステークス

中山競馬場芝1600mで施行する中央競馬重賞(GI)競走である。 2歳馬による競走。2001年に競走馬の年齢表記を国際基準に合わせたことにともない、競走名が朝日杯3歳ステークスから変更された。 フューチュリティ(Futurity)には英語で「未来・将来・前途」という意味がある。

中山大障害

中山競馬場障害・芝4100mで施行する中央競馬重賞(J・GI)競走である。農林水産省が賞提供している、 正式名称は農林水産省賞典中山大障害と表記される。以前は「だいしょうがい」ではなく「おおしょうがい」と呼ばれていたが、 現在は前者が正式名称となっている。 春に施行される中山グランドジャンプとともに、大竹柵障害や赤レンガと呼ばれる大生垣障害を飛越する中山競馬場の大障害コースが用いられる。

有馬記念

中山競馬場芝内回り2500mで施行する中央競馬重賞(GI)競走である。

MENU



ランキング

デンジャラスホース
【悪評】 アクセスが急上昇した理由は、この間までランキング5位にいた 「クレスト」って悪徳サイトの、あとがまサイト疑惑が浮上したから。
クレストの悪質性が非常に高かったので、この後継サイト「マイスター」の注目度は“悪い意味で”ひじょーに高い。
ちなみに、同系列サイトで「リーディング(悪評)」っていうサイトもあるので注意が必要。 このサイトの口コミも荒れ放題だw
ファーストトラック
【悪評】 ついにランキングに登場w
元、悪名高かった「トレセン直送競馬NEWS」 の生まれ変わりで、予想家は以前の及川義弘氏
「破綻者さん」からのタレこみによると、入金後に報馬の不調の言い訳があり、その後も外しまくるという不的中の口コミが あったが、旧サイトの膨大な被害者の声を聞くと、今後炎上する可能性もあるね。
PREMIUM(プレミアム)
【検証中】 即、悪徳サイト認定されてもおかしくない糞サイト。
「ニューマーケット」や「NET」等の、悪質な「投資系競馬サイト」との共通点もある上に、ページ内には「ウソ」や「コンプライアンス違反」のオンパレード。
会社住所も、出会い系が使っている「バーチャルオフィス」って疑惑があるし、悪い口コミがどんどん集まってきてる。
暴露王
【検証中】投稿される口コミが、炎上系が多いのはなぜ?
答えは簡単。他所の口コミサイトでの評判が不自然に良すぎるから。
他で「優良サイト」って紹介されてるから使ったのに、散々な結果だった為、怒りの声が当サイトに寄せられているのだろうw
「インペリアル」や「ゴッドスピード」なんかと、グループ疑惑も上がっているので再検証の必要あり。
番記者ネット
【検証中】 悪徳サイト「ライフ」とそっくりで、リニューアルサイトなんて噂もある。
このサイトから…
「特別なキャンペーンに当選しました!」
この誘い文句が来たら、要注意だ。
寄せられた口コミでは、その当選をきっかけに「上級プランへの昇進」や「高額コースへの特別参加権」に執拗に勧誘してくるらしいぞ。それが、ライフ時代からの「リンク」の常套手段だ。

競馬情報雑誌

週間ギャロップ
優駿
サラブレ
競馬最強の法則
KKベストセラーズ
競馬ブック

競馬 テレビ

JRA公式 テレビ中継
JRA公式 ラジオ中継
JRA公式 テレビ成績ダイジェスト
グリーンチャンネル

競馬関連

JRA-VAN
ClubA-PAT
JRA IPAT
地方競馬IPAT
競馬スポーツナビ
競馬総合サイトKeiba@nifty.com
競馬netkeiba.com
競馬サイト情報